不動産売買、ファイナンシャルプランナー、不動産コンサルティング 奈良市|株式会社にしぐちFP不動産

株式会社にしぐちFP不動産

ご来店の際はご予約下さい。

奈良市大宮町1-4-21-507

営業時間9:30~18:30

定休日水曜日

お問い合わせ

よくある質問

当社に良くいただくご質問にお答えします。

下記にないご質問・お問い合わせがございましたら、お気軽にお電話(0742-81-8289)、もしくはお問い合わせフォームよりご相談下さい。
物件の下見をした後に、しつこい営業はありませんか?

当社では、ご納得のいただける物件をご自身のペースで選んでいただきたいため、お問い合わせや物件の下見をしていただいたお客様へのしつこい営業はいたしません。

不動産購入の申込はどうすればいいですか?

ご購入の意思が固まりましたら、当社所定の購入申込書でお申し込みいただきます。
※この際に申込金をお預かりすることはありません。

気に入った物件に他の人の申込みが入ってしまったのですが、なんとかなりませんか?

不動産は、同じものは二つとありません。そこで申し込みは基本的に先着順となります。
ただし、最初の申込みをされたお客様と売主様とのご商談がまとまらない、あるいはなんらかの事情で契約に至らなかった場合は、2番目の購入申込みのお客様が売主様との商談が可能となります。

手付金の金額はどのくらいですか?

一般的には売買契約の10%~20%程度が多いですが、特に決まりはございません。

値引きの交渉は可能ですか?

売主様のご事情(急いで売却しなければならない等)により値引き交渉が可能な場合がございます。尚、価格交渉は、購入希望者に物件購入の意思があることが前提になりますので、購入申込書に買主様の希望購入価格を記入して行うことになります。
まずは、当社の担当者にご相談ください。

住宅ローンの事前相談はできますか?

はい、可能です。
各金融機関では住宅ローンの事前相談を受け付けております。
購入を希望する物件の資料などを持参して、窓口でご相談することとなります。

現在居住中の物件を売りたいのですが、可能ですか?

居住中のままでも、購入者を探すことは可能です。
売買契約の内容によりますが、居住中のままで売買契約を締結し、残金決済日までに引っ越しをし、明け渡すような契約も可能です。

住宅ローンの残債がありますが売れますか?

住宅ローンを利用している場合、その不動産には住宅ローンの抵当権がついています。
住宅ローンの残債(残りの支払い額)を支払うことで、抵当権を外して所有権を移転することが可能です。

築後40年の一戸建てを所有していますが売れますか?

はい、高築年数の物件でも売却は可能です。
建物が老朽化している場合には、『古家付き土地』として販売することもあります。

売却をしたい物件をリフォームした方が高く売れますか?

物件によりますが、リフォームに費やした分だけ、あるいはそれ以上に高く売れる保証はありませんが、部分的に手を加えた方が売りやすい場合もあります。
詳しくは一度ご相談ください。

不動産売却が成立したときに支払う諸費用はどんなものがありますか?

1.印紙税

(売買契約書に貼付する印紙代で売買金額により異なります。)

2.仲介手数料

(不動産会社に支払う報酬です。)

3.登記費用

(住宅ローンの抵当権等が設定されている場合は、抵当権抹消登記費用、又、住民票の住所と登記簿記載の住所が異なる場合は、住所変更登記費用等がかかります。)

4.譲渡所得税・住民税

(不動産を売却して利益が出る場合、利益に対してかかる税金です。)

仲介手数料はいくらかかりますか?

仲介手数料は売買価格が400万円超えの場合「消費税抜き取引金額×3%+6万円」(別途消費税)が上限となります。尚、仲介手数料は成功報酬ですので、売買の取引が成立しない場合には仲介手数料はかかりません。

契約が成立した場合固定資産税はどうなりますか?

固定資産税は毎年1月1日の時点での所有者に納付書が届きます。そのため通常は売買契約の成立した年度の固定資産税は売主様が支払います。ただし、引渡し日を基準として、引渡し日の前日までは売主様の分、引渡し日以降は買主様の分としてその年の固定資産税を日割り計算し、売買契約の決済時に買主様が売主様に支払いをします。